電話番号0480-62-5778

〒347-0068 埼玉県加須市大門町4-5

駐車場7台分完備土曜・祝日も診療
ネットでの受付はこちら

一般歯科

加須の歯科,歯医者,インプラント,無痛治療|塩崎歯科|一般歯科ページ

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • 歯周病治療
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 義歯(入れ歯)




HOME»  一般歯科

一般歯科

虫歯は急に患うものではございません。段階を踏みながら進行していきます。
初期段階ではまだ痛みを伴っていないため気付かないことが多いため定期的な健診とセルフケアを心掛けましょう。
 

虫歯の進行

【C1】
歯の表面はエナメル質で覆われており、虫歯はまずエナメル質に発生します。エナメル質が虫歯になると、光沢がなくなり白っぽくザラザラした感じになります。虫歯は上の歯と下の歯の噛み合せの部分や、歯と歯の間などに発生しやすく、この段階ではまだほとんど痛みはありません。

【C2】
エナメル質の内側には象牙質がありますが、虫歯が象牙質まで進むと虫歯の部分が黒く見え、冷たいものや熱いものを食べた時に歯が痛むことがあります。

【C3】
象牙質の内側には、神経や血管が密集した歯髄がありますが、虫歯がさらに進行して歯の神経まで虫歯菌に感染してしまうと歯髄炎を起こし、歯がひどく痛み出します。こうなると、虫歯になった部分の歯を削るだけでなく、歯髄まで取らなくてはなりません。この段階まで進むと治療が終わるまで時間がかかるうえ、歯髄を取ると歯がもろくなってしまいます。

【C4】
虫歯によって歯の上の部分がほとんど溶けてしまい、歯の根に当たる歯根まで虫歯が進行した状態を残根といいます。このような歯の根だけ残った部分の先端、すなわち歯槽骨(しそうこつ)の中に膿の袋ができることがあります。この膿の袋が炎症を腫れてきます。ここまで進むと歯を抜かざるをえなくなる場合が多くなります。

 

 

ページトップへ戻る