電話番号0480-62-5778

〒347-0068 埼玉県加須市大門町4-5

駐車場7台分完備土曜・祝日も診療
ネットでの受付はこちら

歯周病治療

加須の歯科,歯医者,インプラント,無痛治療|塩崎歯科|歯周病治療ページ

  • 一般歯科
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • 歯周病治療
  • ホワイトニング
  • インプラント
  • 審美歯科
  • 義歯(入れ歯)




HOME»  歯周病治療

歯周病(歯槽膿漏)

歯周病(歯槽膿漏)とは、歯を支えている歯肉(歯茎)や歯槽骨に起きる病変です。
初期の段階では歯肉(歯茎)からの出血や排膿(うみの排出)がみられ、進行すると歯茎が腫れる、口臭がひどくなる、歯がぐらつくなどの症状が現われ、やがて歯が抜け落ちてしまうこともあります。

歯周病のセルフチェック思いあたる症状をチェックしましょう!

  1. 朝起きたとき、口の中がネバネバする。
  2. ブラッシング時に出血する。
  3. 口臭が気になる。
  4. 歯肉がむずがゆい、痛い。
  5. 歯肉が赤く腫れている。(健康的な歯肉はピンク色で引き締まっている)
  6. かたい物が噛みにくい。
  7. 歯が長くなったような気がする。
  8. 前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間がでてきた。食物が挟まる。
  • 上記の項目3つあてはまる
    油断は禁物です。ご自分および歯医者さんで予防するように努めましょう。
  • 上記の項目6つあてはまる
    歯周病が進行している可能性があります。
  • 上記の項目全てあてはまる
    歯周病の症状がかなり進んでいます。

歯周病の原因

歯周病の原因は、虫歯の原因と同じく歯垢(プラーク)です。歯茎の周りにプラークがたまり、プラークが細菌に感染することによって歯肉が炎症を起こして腫れ、歯肉炎を起こします。

お口の中にはおよそ300~500種類の細菌が住んでいます。 これらは普段あまり悪いことをしませんが、ブラッシングが充分でなかったり、砂糖を過剰に摂取すると細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面にくっつきます。
これを歯垢(プラーク)と言い、粘着性が強くうがいをした程度では落ちません。
この歯垢(プラーク)1mgの中には10億個の細菌が住みついていると言われ、むし歯や歯周病をひき起こします。その中でも歯周病をひき起こす細菌が特異的に存在していることが解明されています。

歯周病とは、この歯垢(プラーク)の中の細菌によって歯肉に炎症をひき起こし、やがては歯を支えている骨を溶かしていく病気のことで、結果的に歯を失う原因となります。

歯垢(プラーク)は取り除かなければ硬くなり、歯石と言われる物質に変化し歯の表面に強固に付着します。 これはブラッシングだけでは取り除くことができません。この歯石の中や周りに更に細菌が入り込み、歯周病を進行させる毒素を出し続けます。

次のことも歯周病を進行させる因子となります。

  • 歯ぎしり、くいしばり、かみしめ
  • 不適合な冠や義歯
  • 不規則な食習慣
  • 喫煙
  • ストレス
  • 全身疾患(糖尿病、骨粗鬆症、ホルモン異常)
  • 薬の長期服用

歯周病の症状

歯茎からの出血

歯周病の典型的な症状の一つが歯茎からの出血です。 歯周病に感染すると、ブラッシングをしたときや食事をしたとき、また何もしていなくても歯茎から血が出ることがあります。
健康な歯茎はブラッシングなどで出血することはありません。歯周病にかかると、歯茎に炎症が起きます。歯茎には多数の毛細血管が通っているため、そこに炎症が起きていると、ブラッシングや食事などで出血しやすい状態になります。

出血する部位

歯周病にかかって歯茎が炎症を起こすと、まず歯茎の縁(境目)から出血が見られるようになります(軽度歯周炎)。進行すると、歯茎の内側(歯周ポケットの奥)からも出血するようになります(中等度・重度歯周炎)。

歯周病以外で歯茎から血が出る原因

歯茎からの出血がある場合、第一に歯周病が疑われますが、その他にも考えられる原因がいくつかあります。

外傷(強すぎるブラッシングなど)

外傷の場合、歯茎に炎症はなく、擦り傷や切り傷から出血します。たとえば、力を入れてゴシゴシと歯を磨く癖がある方は、歯茎が傷付いて出血する場合があります。ブラッシングの目的は歯垢を除去することであり、力加減ではなく、歯垢を確実の取り除くことが重要です。
強すぎるブラッシングは出血以外にも歯肉退縮を起こす原因にもなるため、ブラッシングは適度な力で行うことが大切です。歯肉退縮を起こすと歯の象牙質が露出してしまい、虫歯になりやすい状態なってしまいます。

歯茎からの膿

歯周病の代表的な症状として、出血のほかに「歯茎からの膿」があります。通常、歯周病に感染すると歯茎が炎症を起こし、まず歯茎から出血します。歯周病が進行していくと歯茎から膿が出るようになります。

なぜ、歯周病になると歯茎から膿が出るのか?

歯周病に感染すると、私たちの体のなかの免疫細胞(白血球)が細菌(歯周病菌)と戦います。この戦いにより、白血球や歯周病菌の死骸が膿となって排出されます。つまり、膿が出るということは、現在進行形で白血球と歯周病菌との戦いが繰り広げられているということで、組織破壊が進行していることになります。病気としての活性度が高く、歯周病の進行段階としては「中等度」「重度」が疑われます。

口臭

歯周病と口臭の間には高い相関性があるといわれています。
歯周病の特徴は歯周ポケットができることです。これは口の中の細菌の格好の住みかになります。細菌の中でも嫌気性菌は代謝の過程で硫化水素やメチルメルカプタンを産生します。これが口臭のもとになります。

歯の動揺(歯がグラグラする)

歯周病になると歯茎に炎症が起きますが、進行してくると、歯を支えている顎の骨が歯茎の炎症によって溶けていきます。歯を支えている顎の骨が溶けてくると、歯がグラグラ(動揺)するようになります。
歯の動揺が大きいほど、歯周病が進行しており、動揺度検査によって4段階に分類されます。

動揺度0
正常 ほとんど動かない
動揺度1
初期の歯周病 歯が前後に動く
動揺度2
進行した歯周病 歯が前後・左右に動く
動揺度3
重度の歯周病 歯が前後・左右・上下に動く

歯周病が進行して顎の骨が溶かされ支えを失うと、歯はグラグラするようになってきます。歯が大きくグラつくようになると食事をするのも不自由になり、ひどい痛みに襲われるようになります。

歯周病の治療

スケーリング

スケーリングとは、歯根面から「歯石」を取る治療です。
スケーラーと呼ばれる専用機器を用いて歯根面から歯石を除去します。
スケーラーには、手動で使う「ハンドスケーラー」や超音波による「超音波スケーラー」などがあります。
歯周病の直接的な原因は、歯周病菌が含まれるプラーク(歯垢)です。
そのため、歯周病治療においてはプラークを取り除く処置が重要になってきます。
一方で、歯石というのは歯垢が唾液のミネラルと結合して硬くなったものです。歯石の表面はデコボコ・ザラザラしているためプラークが付着しやすく、歯石には必ずプラークが付着しています。歯石はブラッシングでは除去することができず、歯周病の発症・進行を抑えるためには、スケーリングで歯石を取り除くことが重要です。

歯周外科治療:フラップ手術

歯周外科治療とは、中等度以上の進行した歯周病に対して行う外科処置です。

歯周病が進行して顎の骨が奥深くまで溶かされてくると、歯周ポケット内に治療機器が届かない場合があります。この場合、奥深くに溜まったプラークや歯石を除去するためには歯根面を露出させる必要があり、そのために行うのが歯周外科治療(フラップ手術)です。 フラップ手術は、歯茎を切開することでプラークや歯石を目視で確認しながら確実に除去することができます。

歯周組織再生療法:エムドゲイン

エムドゲインは、歯周病で溶けてしまった顎の骨や歯根膜などの歯周組織を再生させる歯周組織再生療法の一種です。
「エムドゲイン・ゲル」というタンパク質の一種を歯根の表面に塗ることで、歯が生えてくるときと同じような環境をつくり歯周組織の再生を促します。
エムドゲインの最大のメリットは、歯周病によって失われてしまった歯周組織(歯槽骨や歯根膜など)を再生させることで、適切なブラッシングがしやすくなり、プラーク(歯垢)や歯石が溜まりにくい形態にできることです。これにより、歯周病の進行や再発のリスク

歯周組織再生誘導法:GTR

GTR(歯周組織誘導法)は、歯周病によって溶かされた顎の骨や歯根膜などの歯周組織を再生させる歯周組織再生療法の一種です。 GTRは、骨が欠損した部分に人工膜を設置することで、歯周組織(歯周組織や歯根膜)の再生を誘導します。一定期間、メンブレンを入れておくことで、歯茎の侵入を防ぎながら、歯周組織が再生するスペースを確保します。
一般的な歯周組織再生療法として、GTRの他にエムドゲインという方法があります。
従来、GTRによる手術は人工膜を除去するために2回の手術が必要でしたが、現在では吸収性の人工膜を用いるため、手術も1回で済むようになりました。しかし、エムドゲインに比べると術式が難しく、メンブレンが露出するなど感染のリスクもあるため、現在ではエムドゲインのほうが多く用いられるようになっています。

レーザー治療(光殺菌治療)

光殺菌治療とは光感受性ジェルを細菌に浸透させて光で殺菌する治療法です。
レーザーの光や熱によって歯周ポケット内の細菌を死滅させます。レーザーを用いるメリットは、より狭い歯周ポケットの内部に到達させることができる点です。
医科では、1990年ごろから同じように光やレーザーによって、肺、食道、胃、子宮頸部などの早期がんを治療する光線力学療法があります。歯科では数年前から欧米を中心に、抗生物質を使わない体に優しい安全な治療法として急速に普及しています。

レーザー治療は、スケーリングや歯周外科手術(フラップ手術)、歯周再生療法によって安定した歯周組織のメンテナンスとして使用することもできます。

歯周病の再発予防:メンテナンスが重要です!

歯周病は再発リスクの高く、毎日の歯磨きがきちんとできなければ再発してしまいます。歯周病の再発を防ぐための基本はブラッシング習慣です。また、歯周病の治療後、メンテナンスを受けないでいると、5年後に45%の確率で歯周病が再発するという研究結果があります。歯周病治療が終わると歯科医院に足を運ばなくなる人がいますが、再発させないためには歯科医院での定期的なメンテナンスが重要になります。

以前は「不治の病」とさえ言われていた歯周病も、現在では進行を阻止することが可能となり、健康をとりもどすことができます。まず、歯周病の原因は歯垢ですから、それをためない、増やさないことが基本です。

そのためには・・・

  1. 正しい歯ブラシの方法で毎日実行することです。歯の表面を歯垢のない清潔な状態にしておく事が何より大切なことです。
  2. 歯肉の中まで入っている歯石を完全に取り除き、さらに根の表面を滑らかにして炎症を引き起こす細菌を徹底的に除去することです。
  3. 傷んだ歯肉、骨を治療して健康に近い歯肉にすることです。
  4. 健康の保持のため歯科衛生士による専門的なクリーニングなどのメインテナンスを定期的に受けることです。
ページトップへ戻る